和英・英和翻訳サービス

海外の公的機関に提出する書類作成及び翻訳証明

海外の公的機関に提出する公文書等の翻訳お困りですか?

日本の戸籍謄本や出生証明書などの海外におけるビザ申請に必要な証明書類の翻訳、源泉徴収票、課税証明書、預金通帳、残高証明、学位証明書、卒業証明書の翻訳を承っております。

これらの公文書、公的な証明書類は、権限のある機関が発行し、公印を捺印してあるため、これらの文章を正確に翻訳したとしてもそれが事実であるかを保証するものがありません。また、正確に翻訳するためには法律の知識が必要となってきます。

当事務所では迅速かつ丁寧に翻訳家が担当し、翻訳家の捺印付きの証明書を発行いたします。

法的機関の証明も必要な場合は、行政書士の印鑑とサイン付き証明書も有料で対応いたします。ビザ申請、海外各種手続きを多数引き受ける中で法的機関の証明印も必要なケースが最近多くみられます。もしどこに頼めばいいのかわからない、ご自分の翻訳にはどの証明印や証明書が必要なのか等、お困りの場合はお気軽にお問い合わせください。

☎ 093-482-3923

CATEGORY カテゴリ最新記事

>行政書士佐藤浩一事務所

行政書士佐藤浩一事務所

北九州市小倉南区徳吉東4-13-13
☎093-482-3923

海外留学、就職、転勤、婚姻等の際に必要となる公的書類の翻訳を得意としております。

海外、国内の公的機関、学校、入国管理局に提出する翻訳は各要件を満たしているかどうかを確認するための書類であり、重要なポイントを正しい言葉で書き記す必要があります。よって、ただ訳すだけでなく、経験と知識が必要となってきます。当事務所では、海外の公的機関に提出する書類作成に精通した翻訳スタッフが対応します。

出来る限り、納期に間に合わせるよう努めさせて頂きます。

CTR IMG